現在、様々なまつ毛美容液が販売されています。数多くのまつ毛美容液が販売されていますので、どれを選ばばいいか分からないといった人は多いのでは無いでしょうか?

今回はまつ毛美容液に配合されていると良い6つの成分を紹介していきたいと思います。まつ毛美容液の選び方で悩んだら、ここで紹介している成分を配合しているまつ毛美容液を選べばOK!

まつ毛美容液に配合されていると良い成分

まつ毛美容液は育毛成分が配合されているのがほとんどで、皆さん注目するのは育毛成分ですよね?しかしまつ毛美容液において大事な成分は他にもあります。

まつ毛を伸ばすだけでなくまつ毛をケアする必要があるのです。

まつ毛をケア出来る6つの成分は以下のとおりです。

  • ヒアルロン酸
  • イチョウ葉エキス
  • 加水分解エラスチン
  • フコイダン
  • パンテノール
  • アルガンオイル

 

ヒアルロン酸

皮膚の保湿ができるヒアルロン酸は乾燥対策として優れた成分です。「ヒアルロン酸1グラムで6リットルの水分を持つ」といった事ができる成分です。

まつ毛が抜けてしまう原因の1つとして乾燥がありますので、ヒアルロン酸があなたのまつ毛のケアとして大事な要素となってくるでしょう。

 

イチョウ葉エキス

イチョウ葉エキスはアンチエイジング成分として有名になった成分で、目元の細胞の老化を防ぐ働きが期待できます。

  • フラボノイド
  • ギンコライド

といった成分名でイチョウ葉エキスが配合されています。どちらも抗菌化作用のある成分です。

 

加水分解エラスチン

加水分解エラスチンは、弱くなったまつ毛のケアとして有効な成分です。まつ毛の枝毛や切れ毛といった悩みを解決できるのが加水分解エラスチンです。

コラーゲンと似た働きもしますので目元の保湿力にも期待ができる一石二鳥の成分です。

 

フコイダン

フコイダンはわかめや昆布などの海藻植物から抽出される成分です。まつ毛の細胞に働きかけて、まつ毛を太く長くさせる効果に期待ができます。

 

パンテノール

パンテノールは、毛母細胞に働きかけ、まつ毛にハリやコシを与える効果に期待ができます。

シャンプーやトリートメントなどの髪の毛のケアとして聞く成分です。

パンテノールは、皮膚の新陳代謝を促す働きもありますので目元のアンチエイジングケアにも効果的でしょう。

 

アルガンオイル

アルガンオイルは肌の水分の蒸発を防ぐ働きに期待ができる成分です。ヒアルロン酸などの保湿成分が皮膚に浸透したとしても蒸発してしまっては意味がありません。

そこで活躍するのがアルガンオイルです。

酸化に強いアルガンオイルはしっかりとフタをしてまつ毛を保護してくれるでしょう。

 

まつ毛美容液でよく見る「キャピキシル」って何?

まつ毛美容液はどのような種類がある?特徴をまとめてみた