まつ毛美容液は誰でも手に入りやすい薬局から海外製のまつ毛美容液の個人輸入まで、様々な種類のまつ毛美容液が販売されています。

そんな様々な種類があるまつ毛美容液の中でも気になるのが安全性が高いまつ毛美容液ですよね。

目に近くに塗るわけですから安全性は選ぶ際の大事な要素です。

ここではまつ毛美容液の安全性や副作用と低刺激について解説していきたいと思います。

そもそもまつ毛美容液って安全なの?

結論としましては、まつ毛美容液は安全と言えます。

その理由としてまつ毛美容液が「化粧品」だからということが挙げられます。化粧品に分類されるまつ毛美容液は、身体に悪影響が無い前提で作られていますので、基本的には安全に使用できるとされています。

「まつ毛美容液を使って失明した」といった事例はありませんのでご安心ください。ただしこれはしっかりと日本が安全性を管理しているから実現していることであって、海外製のまつ毛美容液などには安全性は当てはまらず、失明の恐れがあるでしょう。実際に海外製のまつ毛美容液で問題が起こり自主回収したといった事例が過去にありました。

そして、「まつ毛美容液」と似ている「まつ毛育毛剤」は医薬品になりますので、人によっては悪影響を及ぼす恐れがあります。

まつ毛美容液の副作用について

まつ毛美容液を見ていると副作用の報告がされているのを見るかと思います。

まつ毛美容液の副作用としては、

  • 色紙沈着といった皮膚のトラブル
  • 充血などの眼球のトラブル

といった事が挙げらます。

皮膚のトラブル

まぶたの皮膚は他の部位に比べて薄くなっており刺激に弱くトラブルも起きやすいのが特徴です。こちらはパッチテストをすることで防げる事例です。

もう1つは目の周りが黒くなってしまう色素沈着といったトラブルです。こちらはビマトプロストといった成分が配合されていることで起きてしまう肌トラブルです。ビマトプロストはまつ毛育毛成分として配合されているまつ毛美容液がありますが、副作用の心配がある危険な成分です。

眼球のトラブル

まつ毛美容液はまぶたの縁に塗るので、非常に目に入りやすくなっています。

目に入ってしまうと充血や炎症を引き起こしてしまいます。

ただしこれは配合成分によっても異なり、

  • 目に入っても充血しない
  • ヒリヒリしたりシミない

といったまつ毛美容液も販売されています。

刺激があるまつ毛美容液ってどんなもの?

まつ毛美容液において刺激となる成分はいくつか確認されています。

刺激となる可能性がある以下の成分を配合してないまつ毛美容液を選んでみてください。

  • パラベン(防腐剤)
  • 界面活性剤
  • シリコン
  • 合成着色料
  • 合成香料

これらの成分が配合されているまつ毛美容液は、目に入ってしまった場合ヒリヒリするといった事が起きてしまう恐れがあります。

まつ毛美容液はどのような種類がある?特徴をまとめてみた

まつ毛美容液でよく見る「キャピキシル」って何?