カテゴリー: 未分類

低刺激まつ毛美容液の選び方!安全に使うための選び方

まつ毛美容液は誰でも手に入りやすい薬局から海外製のまつ毛美容液の個人輸入まで、様々な種類のまつ毛美容液が販売されています。

そんな様々な種類があるまつ毛美容液の中でも気になるのが安全性が高いまつ毛美容液ですよね。

目に近くに塗るわけですから安全性は選ぶ際の大事な要素です。

ここではまつ毛美容液の安全性や副作用と低刺激について解説していきたいと思います。

そもそもまつ毛美容液って安全なの?

結論としましては、まつ毛美容液は安全と言えます。

その理由としてまつ毛美容液が「化粧品」だからということが挙げられます。化粧品に分類されるまつ毛美容液は、身体に悪影響が無い前提で作られていますので、基本的には安全に使用できるとされています。

「まつ毛美容液を使って失明した」といった事例はありませんのでご安心ください。ただしこれはしっかりと日本が安全性を管理しているから実現していることであって、海外製のまつ毛美容液などには安全性は当てはまらず、失明の恐れがあるでしょう。実際に海外製のまつ毛美容液で問題が起こり自主回収したといった事例が過去にありました。

そして、「まつ毛美容液」と似ている「まつ毛育毛剤」は医薬品になりますので、人によっては悪影響を及ぼす恐れがあります。

まつ毛美容液の副作用について

まつ毛美容液を見ていると副作用の報告がされているのを見るかと思います。

まつ毛美容液の副作用としては、

  • 色紙沈着といった皮膚のトラブル
  • 充血などの眼球のトラブル

といった事が挙げらます。

皮膚のトラブル

まぶたの皮膚は他の部位に比べて薄くなっており刺激に弱くトラブルも起きやすいのが特徴です。こちらはパッチテストをすることで防げる事例です。

もう1つは目の周りが黒くなってしまう色素沈着といったトラブルです。こちらはビマトプロストといった成分が配合されていることで起きてしまう肌トラブルです。ビマトプロストはまつ毛育毛成分として配合されているまつ毛美容液がありますが、副作用の心配がある危険な成分です。

眼球のトラブル

まつ毛美容液はまぶたの縁に塗るので、非常に目に入りやすくなっています。

目に入ってしまうと充血や炎症を引き起こしてしまいます。

ただしこれは配合成分によっても異なり、

  • 目に入っても充血しない
  • ヒリヒリしたりシミない

といったまつ毛美容液も販売されています。

刺激があるまつ毛美容液ってどんなもの?

まつ毛美容液において刺激となる成分はいくつか確認されています。

刺激となる可能性がある以下の成分を配合してないまつ毛美容液を選んでみてください。

  • パラベン(防腐剤)
  • 界面活性剤
  • シリコン
  • 合成着色料
  • 合成香料

これらの成分が配合されているまつ毛美容液は、目に入ってしまった場合ヒリヒリするといった事が起きてしまう恐れがあります。

まつ毛美容液はどのような種類がある?特徴をまとめてみた

まつ毛美容液でよく見る「キャピキシル」って何?

まつ毛美容液はいつ塗るのが正しい?

まつ毛美容液は保湿成分によりまつ毛にハリやコシを与える事ができるまつ毛ケア商品です。そんなまつ毛美容液を使おうと思ったらいつ塗るの?といった事が気になりますよね。

「1日に何回も塗れば早く効果が出るのでは?」

といった事を考えるかと思いますので、まつ毛美容液を塗るタイミングについて紹介していきたいと思います。

結論は、朝晩の1日2回

まつ毛美容液を塗るタイミングは、結論としては朝晩の1日2回が正しい使い方となります。(まつ毛美容液によっては夜だけの1日1回のものもあります。)

  • 朝晩の1日2回でいいの?
  • 昼にも塗ったほうが効果的なのでは?

といった事が気になりますよね。

残念ながら昼にも塗って1日3回の使用にしても効果はあまり期待できません。育毛剤をたくさん使っても早く伸びるといった事が無いように、まつ毛美容液をたくさん塗ったとしても早く伸びるといった事はありません。

たくさん塗ったとしても、今度は逆に成分を浸透することが出来なくなってしまい、毛穴が詰まってしまう原因にもなります。

塗るタイミングは洗顔後!

まつ毛美容液を塗るタイミングとしては、洗顔後1番に塗るのがオススメです。

まつ毛美容液は保湿成分や育毛成分をまつ毛の根本に浸透させることで効果を発揮します。効率よく浸透させるには浸透の妨げになる汚れを落とす必要があるのです。

目元に残った皮脂汚れやメイク汚れといったものを落とす事で、しっかりと浸透させることができて効果を発揮することが可能です。

朝の使用にはメイクにも注意が必要です。まつ毛美容液の前にメイクをしてしまうと浸透の妨げになる以外にも、メイクの成分が目に入ってしまう可能性があります。

ですから、まつ毛美容液を使うタイミングとしては、メイクや化粧水を使う前に塗るのがベストでしょう。

まつ毛美容液で大切な事は継続力

まつ毛美容液で一番大切なことって何か分かりますか?

継続力です。

まつ毛美容液で効果を発揮するために大切なことというが、成分をどれだけまつ毛の根本に浸透させることができたかです。

毎日コツコツと継続して使って浸透させていくと徐々にまつ毛に効果が現れるようになるかと思います。

まつ毛美容液を使うのを継続する方法としてメイクと一緒に使うといった事がオススメです。何かと一緒のタイミングでしてあげると習慣化出来るかと思います。

朝夜の1日2回の使用は大変そうにも思えますが、塗る時間は30秒ほどしかかかりませんので、スキマ時間にさっと塗るだけですので思ったより簡単です。

まつ毛美容液はどのような種類がある?特徴をまとめてみた

まつ毛美容液でよく見る「キャピキシル」って何?

まつ毛美容液が目に入った!対処法を解説

まつ毛美容液は保湿成分にでまつ毛にハリやコシを与える事ができるまつ毛ケア商品です。

現在、薬局や雑貨店、ネット通販でも数多くの種類のまつ毛美容液が販売されており、誰でも手に入れやすいといった現状になっています。

そんな誰でも手に入れやすい状況になった今、考えられるのが「目に入った場合」の対処法です。

まつ毛美容液の正しい使い方としましては、まつ毛の生えている根本に塗ることが正しい使い方になります。まつ毛の根本に塗らなければ成分が浸透することが出来ませんので使う意味が無いです。

そのためまつ毛の根本に塗るのですが目に近い部分ですから、目に入ってしまうのが怖いですよね。

まつ毛美容液の効果を発揮したいからといって、ついつい多めにまつ毛美容液を塗ってしまうと、たれて目に入ってしまったりしてしまうでしょう。

  • もし目に入ったらしみるの?
  • 目に入ったら失明などはある?

といった不安を持っている方も多いかと思います。

結論としては、まつ毛美容液は目に入っても大丈夫な作りになっていますので安心してください。

まつ毛美容液って安全なの?

まつ毛美容液は基本的には安全な作りになっています。まつ毛美容液目元に使うものですので、もしもの時に備えて、多少目に入っても大丈夫な作りになっています。

そもそもまつ毛美容液は化粧品ですので、化粧品製造販売許可が必要になっています。まつ毛美容液を製造販売するメーカーは品質保証などの安全性を考慮して作らなければなりません。

化粧品は法律により、

  • 配合成分の量
  • 成分の種類

といった事を明確に決められており、その基準に満たさければ販売することが出来ません。そして化粧品は「身体に支障をもたらすように作ってはならない」といった決まりがありますので、目に入ったら失明といった心配はありません。

現在販売されているまつ毛美容液は、今の所被害報告はありませんので安心して使用することが可能です。

安全な作りだけど目に入るのには注意が必要

まつ毛美容液は化粧品ですので目に入っても安全な作りになってはいますが、目に入る事を前提には作られていません。まつ毛美容液の注意書きに書かれている通り、目に入らないように使用するのが正しい使い方になります。

まつ毛美容液には様々な成分が配合されています。人によっては合う合わないがあり、アレルギーなどもあるかと思いますので、まつ毛美容液を選ぶ際は注意が必要です。使い始めはパッチテストなどをして様子を見ながら自分に合うものを選びましょう。

ただ、まつ毛美容液によっては目に染みないものも販売されています。無添加成分で作られていてアレルギーテストなどをクリアして安全性を高めているまつ毛美容液もありますので、初めてまつ毛美容液を使う方はそのようなまつ毛美容液から初めてみてもいいかと思います。

まつ毛美容液が目に入ったらどうする?

もしまつ毛美容液が目に入ってしまった場合には、必ず流水で目を洗い流すようにしてください。

寝る前にまつ毛美容液を使用して目に入ってしまったけど放置していたら翌朝目が腫れたといった事もありますので、目に入った場合は必ず目を洗うようにしてください。

もし異変や違和感を感じた場合には眼科で見てもらうことをおすすめします。

まつ毛美容液はどのような種類がある?特徴をまとめてみた

まつ毛美容液でよく見る「キャピキシル」って何?

おすすめの海外製まつ毛美容液とは?

まつ毛美容液は、保湿成分によりまつ毛にハリやコシをもたせることで、まつ毛を太く伸ばす効果に期待ができるケア商品です。

そんなまつ毛美容液は、薬局や雑貨店を初め、ネット通販でも現在様々な種類が販売されています。

海外製まつ毛美容液を挙げると以下のような商品があります。

  • ディオールショウマキシマイザー3D
  • リバイタラッシュアドバンス
  • ラピッドラッシュ
  • ルミガン
  • ケアプロスト

海外製のまつ毛美容液も様々なものが販売されており、正直どれを選んだら良いか迷ってしまいますよね?

今回は海外製まつ毛美容液に焦点を当てて、おすすめの海外製まつ毛美容液を紹介していきたいと思います。

まつ毛美容液はどのような種類がある?特徴をまとめてみた

ディオールショウマキシマイザー3D

フランス製のディオールショウマキシマイザー3Dは、他のまつ毛美容液とは違い、マスカラの前に使うベースメイクとしても使える一石二鳥のまつ毛美容液です。

ディオールショウマキシマイザー3Dの後にマスカラを付けるとフサフサになるでしょう。

マスカラベースのまつ毛美容液なので、いつものメイクにプラスするだけなので手軽で使いやすいかと思います。

値段は税込みで4428円で海外製まつ毛美容液の中では比較的安価で購入可能です。まつ毛美容液としての効果も、まつ毛が増えたと実感した人が多いのも特徴です。

しかしまつ毛美容液の効果は人それぞれ相性がありますので、効果を感じられなかった人も多少はいました。また、白っぽく残ったといった声もあります。

リバイタラッシュアドバンス

アメリカ製のまつ毛美容液リバイタラッシュアドバンスは、海外まつ毛美容液の中でも一番有名なまつ毛美容液かと思います。

リバイタラッシュは30年以上前に眼科医が作ったまつ毛美容液で効果が高いと評判のまつ毛美容液でもあります。

価格は2mlで10584円と高額ですが効果の高さから愛用している人が多くハワイのお土産としても人気となっています。

まつエクと間違われるほどの効果を感じたい人はリバイタラッシュアドバンスが良いかと思います。抗菌成分も配合している為雑菌が増えにくいのも特徴です。

ただし育毛効果が高い反面、色素沈着などの副作用の心配がありますのでご注意下さい。

ラピッドラッシュ

アメリカ製のラピッドラッシュはリバイタラッシュアドバンスの次に有名な海外まつ毛美容液です。筆タイプのまつ毛美容液で塗りやすく、着色料・香料・シリコン・パラベン・界面活性剤不使用の5つの無添加を実現しています。

昔は日本で禁止されている防腐剤を使用していたラピッドラッシュですが、現在は改良をされて日本向けに低刺激に作られています。リバイタラッシュアドバンスに比べても肌に弱い人でも使いやすいかと思います。

1.5mlで5940円とまつ毛美容液にしては高い部類です。

痒みや充血といった副作用の口コミは見られませんが、色素沈着の口コミが一部見られています。

ルミガン

ルミガンはアメリカで販売されている緑内障治療用の目薬です。まつ毛美容液ではなく目薬なのですが、この目薬はまつ毛を伸ばす効果があるとされる成分を配合していることから、一部まつ毛を伸ばしたい人に利用されています。

ただし色素沈着が起きてしまいますので使用には注意が必要です。

日本の販売店では売られていませんので、病院やネット通販で海外から取り寄せる必要があります。

今回紹介しているまつ毛美容液の中では一番まつ毛に効果があり、フサフサになるかと思いますが、副作用の恐れがありますので注意が必要です。

まう毛美容液ちょっとまて!実は伸びない欠点とは?

最近は様々な目元ケアアイテムが販売されており、まつ毛美容液もその1つであります。薬局や雑貨店などでも様々な種類のまつ毛美容液が販売されており、ネット通販で販売されているものを含めると数十種類のまつ毛美容液が販売されています。

そんなまつ毛美容液の商品パッケージを見ていると、目元に塗るだけでフサフサまつ毛が!濃いまつ毛が手に入るといったような謳い文句がされています。

しかしまつ毛美容液って実はそんなに効果ありませんよ?

といったような話をしていきたいと思います。

まつ毛美容液でまつ毛は伸びない!その理由とは?

結論をお伝えすると、まつ毛美容液でまつ毛が伸びるといった事はありません。

化粧品の分類である商品は、体に影響を及ぼしてはいけないという法律があり、まつ毛が伸びてしまうと体へ変化を与えていることになるため、まつ毛美容液ではまつ毛を伸ばす事は出来ないというわけです。

なら、まつ毛美容液はどのような事をしているの?

って思いますよね。

まつ毛美容液はまつ毛に保湿力を与えてハリやコシを与える作用があります。まつ毛美容液はまつ毛の成長をサポートするものといった考えが適切です。

まつ毛を伸ばす方法は「まつ毛育毛剤」

まつ毛美容液は使ってもまつ毛は伸びないということが分かりました。まつ毛というのは毛母細胞から作られており、30日から100日の周期で新しい毛に生え変わります。

まつ毛美容液は化粧品ですので育毛効果には期待が出来ませんが、まつ毛育毛剤は医薬品ですので育毛効果に期待ができます。

まつ毛育毛剤は毛根を包んでいる毛包に作用し、血流を増やし自まつ毛を長く濃くすることが可能です。

ただしまつ毛育毛剤は医薬品になりますので医師による処方が必要になります。

 

正しい生活をするのもまつ毛を伸ばす大事なポイント

まつ毛を伸ばす上で大事なポイントとなるのが規則正しい生活です。

毛というのはタンパク質で出来ており体に摂取したものから作られています。まつ毛を伸ばすためには食事からの栄養素が絶対不可欠です。そしてその栄養素がしっかりとまつ毛に届けられる必要があります。

食事は栄養バランスが整った食事をすることが大切になり、栄養素を届けるためには睡眠の質を上げることが大切になってきます。

 

まつエクでの人工毛も効果的

まつ毛を伸ばす方法として挙げられるものにまつエクがあります。

まつエクは人工毛を付けるのでまつ毛を伸ばすということではありませんが、直ぐにまつ毛を伸ばしたいといった人は、まつエクで一時的にまつ毛を伸ばすのもいいかと思います。

ただしまつエクには接着剤(グルー)が使われており、これはまつ毛にとって成分も重さも大きな負担となりますので、長期間使用はおすすめできません。

まつ毛美容液はどのような種類がある?特徴をまとめてみた

まつ毛美容液でよく見る「キャピキシル」って何?

自分に合ったまつ毛美容液の選び方|用途別の違いとは?

まつ毛美容液は最近では薬局や雑貨店などで様々なものが販売されています。ネット通販で販売されているものも合わせると数十種類もあるまつ毛美容液の中から、どのように自分に合ったまつ毛美容液を選べば良いのでしょうか?

  • 配合成分
  • 価格

といった様々な違いがある中で、今回はまつ毛美容液の選び方について紹介していきたいと思います。

まつ毛美容液はどのような種類がある?特徴をまとめてみた

まつ毛美容液でよく見る「キャピキシル」って何?

続けられる価格帯のものを選ぶ

まつ毛美容液の効果を発揮する上で非常に重要になってくるのが”継続力”です。まつ毛美容液は継続して使わなければ使う意味がありません。

まつ毛美容液は基本的に1ヶ月分の容量で販売されていることが多いため、毎月の出費となります。

まつ毛美容液は数千円から数万円まで様々な値段で販売されています。

配合成分がとても良いからといって1本だけ購入しては使う意味がありません。毎月購入する資金力がなければ意味が無くなってしまうのです。

ですからまつ毛美容液を選ぶ上で重要になる事の1つとして価格があります。自分に合った価格のまつ毛美容液を選んでください。

使いやすいものを選ぶ

まつ毛美容液の容器は様々な種類があります。

  • チップタイプ
  • コームタイプ

個人的には、チップタイプはまぶたのキワに塗るのが簡単で、コームタイプは塗りにくいといった印象です。この使い心地は人それぞれ好みがあるかと思いますので、自分の肌に合ったものを選びましょう。

 

まつ毛が抜けやすい人におすすめのまつ毛美容液

メイクなどの刺激によっても傷んでしまったまつ毛は抜けてしまいます。まつ毛が抜けてしまうと、まつ毛にボリュームが無く貧相に見えてしまいます。

傷んだまつ毛は保湿効果を高めてハリやコシを与える事が必要です。

まつ毛が抜けやすい人はマスカラ下地としても使用できるまつ毛美容液を選ぶと良いかと思います。

まつ毛が短くて少ない人におすすめのまつ毛美容液

元々まつ毛が少ないことで悩んでいる人は、育毛効果や発毛効果が高いまつ毛美容液を選ぶと良いかと思います。

まつ毛美容液は基本的には保湿成分がメインで作られているのですが、育毛成分を配合しているまつ毛美容液も販売されています。

まつ毛が短くて少ない人は育毛成分を配合しているまつ毛美容液を選ぶと良いかと思います。

短期間でまつ毛を長くしたい人におすすめのまつ毛美容液

短期間でまつ毛を伸ばしたい人は海外製のまつ毛美容液を選んでみてはどうでしょうか?日本製で販売されているまつ毛美容液は安全性が重視された作りになっており、効果が緩やかな傾向にあります。

海外製のまつ毛美容液は外人の肌に合わせた作りになっているため効果は期待ができるでしょう。個人輸入や値段的な理由でハードルが高いですが、短期間で効果を発揮させたいのでしたら参考にしてみてください。

ただし日本では許可されていない成分を配合している場合があるため、色素沈着や充血といった副作用のリスクもあることをお忘れなく。

 

まつ毛育毛剤って何?

まつ毛美容液を調べていると、まつ毛育毛剤といったものを目にするかと思います。まつ毛美容液とまつ毛育毛剤はどのような違いがあるの?といった疑問をお持ちの方もいるかと思いますので簡単に解説していきたいと思います。

まつ毛美容液と育毛剤は”目的”が違います。

  • まつ毛育毛剤:まつ毛の発毛を促進させる
  • まつ毛美容液:まつ毛をケアして健康に育てる

まつ毛育毛剤は緑内障治療に使用に使用されている成分を配合している医薬品の分類になるため、医師の処方が必要になります。まつ毛美容液は化粧品ですので処方無しでも手に入れることが可能です。

あなたはまつ毛美容液を使うべき?まつ毛美容液の仕組みまで

目を大きく見せる効果があるまつ毛美容液は、まつエクなどに比べて使うハードルが低いことから、幅広い年代に愛用されています。

  • でもみんな使っているけど本当に効果があるの?
  • どういった仕組みでまつ毛美容液が効果的なの?
  • 私がまつ毛美容液を使っても効果があるの?

といった事がきになりますよね?

今回はまつ毛美容液の仕組みとまつ毛美容液を使った方がいい人をまとめて紹介していきたいと思います。

まつ毛美容液の仕組みとは?

まつ毛美容液を使うと、まつ毛にハリやコシが出る!まつ毛が長くなる!といたような事が書かれていますが、どういった仕組みでまつ毛に効果が現れているのでしょうか?

結論をお伝えすると、これはまつ毛のヘアサイクルによる効果です。

 

まつ毛は以下のような4つの周期を経てまつ毛が成長しています。

  • 育毛期:まぶたの皮膚から新しいまつ毛が生えてくる期間
  • 成長期:まつ毛が成長する期間
  • 衰退期:まつ毛の成長が止まる期間
  • 休止期:まつ毛が抜けて次のまつ毛が生えるまでの準備期間

まつ毛がどれほど丈夫に生えるのか、どれだけ長く伸びるのかというのは、成長期によって変化します。

成長期は平均40日程度。1日0.1ミリほどのスピードで成長しています。

この成長期の期間に栄養が行き渡らなかったり、乾燥して刺激を与えてしまうと、成長期でも全然伸びないといった事が起こってしまうのです。そしてそのまま衰退期に入ってしまい、全く成長していないまつ毛が出来上がるのです。

 

このまつ毛の成長期をサポートして、丈夫な長いまつ毛として成長させることが出来るのが「まつ毛美容液」です。

まつ毛美容液には以下の成分を配合しています。

  • 育毛成分
  • 保湿成分

育毛成分がまつ毛の根本である「毛母細胞」に栄養を与え血行促進をして毛の周期サイクルを安定化させます。保湿成分が乾燥を防ぎ、まつ毛の抜け毛を防ぎます。

あなたはまつ毛美容液を使った方がいい?

まつ毛美容液は本当に効果があるのかな~?って思いますよね。

まつ毛美容液を使うべき人をまとめてみました。

  • まつ毛を長くした人
  • まつ毛が細くて密度がない人
  • ビューラーで持ち上げてもキープできない人
  • まつ毛がよく抜けて悩んでいる人
  • まつ毛がパサパサと乾燥している人
  • マスカラなどアイメイクをしている人
  • まつエクをしている人やこれからまつエクをする人

まつエクをしているのならまつ毛美容液を必要ないのでは?って思いますよね。しかし、まつエクは、自まつ毛1本1本に人工毛を付けていることから、まつ毛には結構な負担になっているのです。

自まつ毛に人工毛を付けているということは、自まつ毛が抜けてしまうとまつエクも無くなってしまいます。丈夫な自マツ毛を持っていれば、まつエクを長持ちにさせることも可能ですので、まつエクをしてりる人であってもまつ毛美容液が必要なのです。

ただし、まつ毛美容液によってはまつエクとの併用ができないものもありますので、購入の際には注意が必要です。

まつ毛美容液はどのような種類がある?特徴をまとめてみた

まつ毛美容液でよく見る「キャピキシル」って何?

まつ毛美容液を使ったら色素沈着?その理由とは?

まつ毛美容液は最近は色々なものが販売されていますよね?ドラックストアや薬局でも気軽に手に入れる事が出来ることから、使った事がある方は多いのでは無いでしょうか?

そんなまつ毛美容液を選ぶ際はどのような事に気をつけて選んでいますか?

人気だから選んだといった方は肌トラブルに巻き込まれてしまう恐れがありますので注意が必要です。

まつ毛美容液によっては以下のような副作用の症状が出る恐れがあります。

  • 色素沈着
  • 目の充血

せっかく目の大きくみせようとまつ毛を伸ばそうと思っていたのに、色素沈着が起こってしまっては元も子もないですよね。

今回は安全にまつ毛美容液を選ぶための方法をご紹介していきたいと思います。

まつ毛美容液で色素沈着するのはある成分が原因

まつ毛美容液で色素沈着がしてしまうものは、ある成分が配合されています。

それがビマスプロストという成分です。

ビマスプロストは緑内障の治療薬として使用されている成分で、眼圧を下げる働きがメインの効果なのですが、まつ毛が伸びる副作用があるとされています。他にも色素沈着の副作用もある成分です。

そんなビマスプロストのまつ毛が伸びる働きを逆手に取ってまつ毛美容液に配合されていることがありますが、色素沈着が起きてしまう可能性があるのです。

色素沈着が起きるメカニズムとしては、ビマスプロストがメラニン色素を増やしてしまい黒ずみを作ります。ターンオーバーでも改善でいないほどの黒ずみを作り色素沈着となるのです。

海外製のまつ毛には注意!

成分に注意すると言われても、本当に問題ないか心配といいう方も多いかと思いますが、基本的に日本で販売されているまつ毛美容液にはビマスプロスが配合されていませんのでご安心ください。

しかし海外製のまつ毛美容液には注意が必要です。日本でも海外製のまつ毛美容液が販売されていますが、海外性のまつ毛美容液はビマスプロス以外にも色素沈着の恐れがある成分を配合していることも大いに考えられます。

また海外製のまつ毛美容液は肌が強い外人向けに開発されていますので、日本人の肌には刺激が強い可能性があります。

ちなみに、色素沈着があると言われているまつ毛美容液は以下の通りです。

  • ケアプロスト
  • ルミガン
  • グラッシュビスタ
  • ラティース

目薬のような見た目が特徴です。

より安全性を高いまつ毛美容液とは?

より安全性の高いまつ毛美容液を選びたいのでしたら、以下のことに注目して選んでみてください。

  • 無添加成分で作られている
  • 保湿成分を多く配合している
  • アレルギー試験をクリアしている

まつ毛美容液は目に近い部分に使うものですから安全性を重視して選びたいですよね。

まつ毛美容液はどのような種類がある?特徴をまとめてみた

まつ毛美容液として効果的な成分って何がある?

まつ毛美容液は現在様々なものが販売されています。そんな数多くあるまつ毛美容液をどのように選べば良いのでしょうか?

価格や評判といったことから選んでいる人も多いかと思いますが、成分から選んでみてはいかがでしょうか?

今回はまつ毛美容液に配合されていると良い、効果的な成分を紹介していきたいと思います。よくわからない場合は、ここで紹介している成分を配合しているまつ毛美容液を選べばOK!

 

まつ毛に効果的な成分とは?

まつ毛美容液に配合されていると良い成分としては以下の4つの成分があります。

  • ビマトプロスト
  • キャピキシル
  • リデンシル
  • イソプロピルクロプロステネート

ここで紹介している”良い”というのは育毛効果に期待が出来るということです。まつ毛やまぶたには刺激が強い成分もありますので見極めが重要です。

ビマトプロスト

ビマトプロストは医薬成分であり、まつ毛育毛剤に配合されていることの多い成分です。

緑内障の治療として使用されている成分ですが、まつ毛が伸びる副作用が報告された為まつ毛育毛剤として使用されている非常に育毛効果が高い成分です。

即効性にも期待が出来、10日程度でまつ毛の伸びが実感できるかと思います。

しかし医薬品ですから副作用のリスクもあります。

  • 色素沈着
  • 目の充血
  • 目の痒み

といった副作用も報告されています。

この成分を配合しているまつ毛育毛剤を手に入れるには医師による処方が必要です。

 

キャピキシル

カナダの会社で開発された育毛成分の一種であるキャピキシルは、同じく育毛成分であるミノキシジルの効果の3倍があるといった研究結果もあります。

キャピキシルにはまつ毛の元である毛母細胞を活性化させる働きがあり、その結果まつ毛が伸びるというわけです。

このキャピキシルは天然由来の成分ですので、ビマトプロストのような副作用の心配はありません。

リバイブラッシュ、ディアモストアイラッシュといったまつ毛美容系がキャピキシルを配合しています。

まつ毛美容液でよく見る「キャピキシル」って何?

 

リデンシル

スイスの会社が開発したリデンシルは、同じく育毛効果が期待できる成分です。

毛包内のバルジ領域を独自アプローチしまつ毛を成長させることが可能です。

リデンシルは毛の成長が期待できるだけでなく、抜け毛を現象させる効果にも期待が出います。

こちらもキャピキシルとどうように天然由来成分ですので、ほとんど副作用の心配はありません。

Eyelush ONEというまつ毛美容液にリデンシルが配合されています。

 

イソプロピルクロプロステネート

ビマトプロストと似た働きをすると言われているイソプロピルクロプロステネート。

まつ毛に塗ることで細胞の再生を促しまつ毛を育てることが可能です。

ビマトプロストと似た働きをするイソプロピルクロプロステネートですが、医薬品であるビマトプロストとは違い、イソプロピルクロプロステネートは化粧品として扱われます。

ラピッドラッシュというまつ毛美容液にリデンシルが配合されています。

 

まつ毛美容液に配合されていると良い成分って何?

現在、様々なまつ毛美容液が販売されています。数多くのまつ毛美容液が販売されていますので、どれを選ばばいいか分からないといった人は多いのでは無いでしょうか?

今回はまつ毛美容液に配合されていると良い6つの成分を紹介していきたいと思います。まつ毛美容液の選び方で悩んだら、ここで紹介している成分を配合しているまつ毛美容液を選べばOK!

まつ毛美容液に配合されていると良い成分

まつ毛美容液は育毛成分が配合されているのがほとんどで、皆さん注目するのは育毛成分ですよね?しかしまつ毛美容液において大事な成分は他にもあります。

まつ毛を伸ばすだけでなくまつ毛をケアする必要があるのです。

まつ毛をケア出来る6つの成分は以下のとおりです。

  • ヒアルロン酸
  • イチョウ葉エキス
  • 加水分解エラスチン
  • フコイダン
  • パンテノール
  • アルガンオイル

 

ヒアルロン酸

皮膚の保湿ができるヒアルロン酸は乾燥対策として優れた成分です。「ヒアルロン酸1グラムで6リットルの水分を持つ」といった事ができる成分です。

まつ毛が抜けてしまう原因の1つとして乾燥がありますので、ヒアルロン酸があなたのまつ毛のケアとして大事な要素となってくるでしょう。

 

イチョウ葉エキス

イチョウ葉エキスはアンチエイジング成分として有名になった成分で、目元の細胞の老化を防ぐ働きが期待できます。

  • フラボノイド
  • ギンコライド

といった成分名でイチョウ葉エキスが配合されています。どちらも抗菌化作用のある成分です。

 

加水分解エラスチン

加水分解エラスチンは、弱くなったまつ毛のケアとして有効な成分です。まつ毛の枝毛や切れ毛といった悩みを解決できるのが加水分解エラスチンです。

コラーゲンと似た働きもしますので目元の保湿力にも期待ができる一石二鳥の成分です。

 

フコイダン

フコイダンはわかめや昆布などの海藻植物から抽出される成分です。まつ毛の細胞に働きかけて、まつ毛を太く長くさせる効果に期待ができます。

 

パンテノール

パンテノールは、毛母細胞に働きかけ、まつ毛にハリやコシを与える効果に期待ができます。

シャンプーやトリートメントなどの髪の毛のケアとして聞く成分です。

パンテノールは、皮膚の新陳代謝を促す働きもありますので目元のアンチエイジングケアにも効果的でしょう。

 

アルガンオイル

アルガンオイルは肌の水分の蒸発を防ぐ働きに期待ができる成分です。ヒアルロン酸などの保湿成分が皮膚に浸透したとしても蒸発してしまっては意味がありません。

そこで活躍するのがアルガンオイルです。

酸化に強いアルガンオイルはしっかりとフタをしてまつ毛を保護してくれるでしょう。

 

まつ毛美容液でよく見る「キャピキシル」って何?

まつ毛美容液はどのような種類がある?特徴をまとめてみた

まつ毛美容液でよく見る「キャピキシル」って何?

まつ毛美容液はまつ毛に保湿効果をもたらしハリやコシを与える事ができるまつ毛ケア商品です。そんなまつ毛美容液は現在多くの種類が販売されています。

ネット通販を合わせると数十種類もあるまつ毛美容液は、どのように選べばいいか悩んでしまいますよね?

まつ毛美容液を選んでいるとよく見る「キャピキシル」について紹介していきたいと思います。

キャピキシルは育毛成分

結論をお伝えするとキャピキシルは育毛成分です。使用することでまつ毛の育毛効果に期待ができる成分です。

キャピキシルはルーカスマイヤー・コスメティックスという会社が開発した育毛成分で正解的にも注目されている成分でもあります。

キャピキシルは男性用育毛剤やAGA(男性型脱毛症)治療として病院でも使われているすごい成分です。

そんなキャピキシルの育毛効果はとっても強力です。

同じく育毛効果のある成分として有名なミノキシジルという成分があります。(男性用育毛剤リアップに配合されている成分です)キャピキシルはそのリアップの3倍の育毛効果に期待ができるとされています。これはキャピキシルを開発したルーカスマイヤー・コスメティックス社の発表ですので、そこまで信じられないかと思いますが、実際に育毛剤やAGAでも使われているのも事実です。

 

キャピキシルは何で作られている?

そんな育毛効果に期待大のキャピキシルは何から作られているのでしょうか?

  • 植物由来のエキス(アカツメクサ花エキス)
  • ペプチド(アセチルテトラペプチドー3)

といった2つの成分から構成されています。

アカツメクサ花エキスは男性ホルモンを抑えて女性ホルモンを整える働きがあります。ペプチドはアミノ酸の塊です。毛包細胞をサポートして育毛効果に期待ができます。これら2つの成分によりまつ毛に効果的にアプローチが可能です。

そんなキャピキシルは天然成分から作らえているので副作用の心配がないのも特徴の1つです。

キャピキシルを配合したまつ毛美容液は?

そんな育毛効果に期待ができるキャピキシルを配合したまつ毛美容液があります。

それがリバイブラッシュです。

現在販売されているまつ毛美容液の中でキャピキシルを配合している唯一のまつ毛美容液であるリバイブラッシュは、高い育毛効果として口コミでも好評です。

その他リバイブラッシュは安全性が高いことでも有名です。

  • 20種類の無添加成分
  • 5つの刺激性試験をクリア

といった事柄からリバイブラッシュは敏感肌や乾燥肌の方でも安心して使用することが可能です。

キャピキシルは副作用もありませんので、リバイブラッシュとぴったりの育毛成分かと思います。

まつ毛美容液はどのような種類がある?特徴をまとめてみた

目の大きさってとっても重要ですよね?目の大きさ次第で顔の印象が大きく変わるわけですから、みなさん重視しています。

そんな目を大きくみせるために最近では色々な方法がありますね。

  • つけま
  • まつ毛エクステ
  • まつ毛美容液

まつエクが一番の人気となっていますが、まつエクはゴシゴシと洗顔をしてしまうとまつ毛に負担だかかってしまい、逆にまつ毛が抜けやすくなってしまったりするのです。

そんなときに活躍するのがまつ毛美容液です。まつ毛美容液と聞くとまつエクに行けない人がやるものと思われがちですが、まつ毛美容液には様々な栄養成分を配合していますので、まつエクをしている人にも、まつ毛美容液は使ってほしいのです。まつ毛美容液ではリヤコシを与えて丈夫なまつ毛を作り、まつエク卒業も視野にいれることが出来るでしょう。

そんなまつ毛美容液を使ってみようと思ったら、色々なまつ毛美容液があって悩んでしまいませんんか今や数十種類のまつ毛美容液が販売されており、どれを選べばいいか分からない!と。。。

今回は口コミで人気になったまつ毛美容液をいくつか紹介し、特徴をまとめてみたいと思います。

エマーキット

エマーキットは水橋保寿堂製薬という日本の会社が開発したまつ毛美容液です。イチョウ葉エキスやシルクアミノ酸といった高品質な保湿成分を多く配合しており、傷んだまつ毛をケアする効果に期待ができます。ただし育毛成分としてはペプチドの配合のみでしたので、エマーキットはまつ毛を伸ばすというよりかはケアをするといった特徴があるまつ毛美容液だと思われます。

 

リバイタラッシュアドバンス

リバイタラッシュアドバンスは海外製のまつ毛美容液で、ハワイなどのお土産としても有名なまつ毛美容液です。リバイタラッシュアドバンスは育毛効果がとっても強いと口コミで好評です。そんなリバイタラッシュアドバンスの育毛成分はデクロロ・ジヒドロキシ・ジフルオロ・エチルクロプロスタノールアミドが配合されています。この成分は育毛効果が高いことで有名ですが色素沈着といった心配が少しある成分です。

リバイブラッシュ

リバイブラッシュは日本のまつ毛美容液で、刺激が少なく安全性が高いことで有名なまつ毛美容液です。20種類の無添加成分と5つの刺激性試験クリアで安全性を高めています。通常まつ毛美容液が目に入った場合、ヒリヒリとしみてしまうのですがリバイブラッシュはしみることがありません。まつ毛美容液の中で一番安全性が高いと言えるでしょう。そんなリバイブラッシュは育毛効果にも期待ができます。育毛成分としてキャピキシルという男性用育毛剤にも使用されている成分を配合しているのです。

フローフシ

フローフシは日本製のまつ毛美容液です。エンドミネラルでマイナスイオンを発生させまつげの土壌であるまぶたの環境を整える働きがあります。そんなフローフシの育毛成分としては、リバイブラッシュと同じく男性用育毛剤でも使用されているキャピキシルを配合しています。

スカルプDボーテピュアフリーアイラッシュセラム

育毛剤を開発しているスカルプDが開発したまつ毛美容液です。これだけでも期待ができそうですよね。スカルプD独自開発のラッシュDカプセルがまつ毛に保湿やハリやコシを与えます。育毛効果にも期待ができますね。

まとめ

このように特徴を見ていくことで自分合うまつ毛美容液を見つけることが出来ます。まつ毛は年齢を重ねるにつれ徐々に薄くなってしまいますので、若いうちにケアをしておく事が大切です。

まつ毛美容絵の使い方において重要なのは毎日継続して使うことです。

自宅でケアをできて比較的安く済ませることが出来ますので、毎日のスキンケアに取り入れてみてくださいね。